title

略称「心の先端研究」分科会のホームページです。各種の情報交換にご利用ください。

●分科会の趣旨についてはこちらをご覧ください。
第23期委員長挨拶


この度の東日本大震災で被災された方々とその関係者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。


2015年 9月 21日更新

New! 第23期委員長挨拶を掲載しました。

New! 2015年10月10日(土)、富山大学医薬イノベーションセンター、公開シンポジウム「心の先端研究の現在とこれから」が行われます。 詳しくはこちらを御覧ください。

New! 2015年9月24日(木)、日本心理学会シンポジウム JPAS-011 「融合的なこころの科学について考える」が行われます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2015年4月10日(金)、メンバーリストを更新しました。

2015年3月27日(金)、東京大学、東京大学駒場MRI立ち上げシンポジウム が行われます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2014年6月10日(火)、心理学・教育学委員会 心の先端研究と心理学専門教育分科会において作成された、記録「検証「心理学分野の展望―学術からの提言2010」 が公開されました。 詳しくはこちらを御覧ください。

2014年8月3日(日)、東京、日本心理学会事務局、心の先端研究と心理学専門教育分科会 が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2014年6月10日(火)、「学術の動向」6月号で「心理学・教育学分野の展望と大型研究計画」 が掲載されました。 詳しくはこちらを御覧ください。

2014年3月6日(木)-9日(日)、国際高等研究所、PWS (Primatology and Wildlife Science) リーディング大学院キックオフシンポジウム が開催されました。 詳しくはこちらを御覧ください。

2014年1月11日(土)-12日(日)、京都大学霊長類研究所、第9回犬山比較社会認知シンポジウム (ICS2-9) が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2013年11月13日(水)、第31回 国際心理学会議(ICP2016) プロモーション用のロゴおよびスライドがご利用いただけるようになりました。詳しくは こちらをご覧ください

2013年9月20日(金)、日本心理学会シンポジウム「つながるこころの学際的先端研究」が開催されます。詳しくは こちらをご覧ください

2013年7月7日(日)、心の先端研究と心理学専門教育分科会が開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。

2013年7月6日(土)-7(日)、公開シンポジウム「心の先端研究の地平」が開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。

行場次朗先生(東北大学)がメンバーに加わりました。

2013年2月16日(土)、京都大学稲盛財団記念館3階 大会議室、こころの未来研究センター・ 連携MRI研究施設開設記念シンポジウム「脳科学の地平を拓く-こころと社会につながる新たな知-」 が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2013年1月12日(土)-13日(日)、京都大学霊長類研究所、第8回犬山比較社会認知シンポジウム (ICS2-8) が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

山口真美先生(中央大学)がメンバーに加わりました。

岡ノ谷一夫先生(東京大学)がメンバーに加わりました。

2012年9月11日(火)、専修大学、日本心理学会第76回大会 シンポジウム、「情動と社会的判断」が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2012年7月26日(木)、仙台、仙台国際センター、 「脳と心のメカニズム 第13回 夏のワークショップ」が開催されます。 ■参加申し込み 締切7月8日、■ポスター発表抄録・若手優秀発表賞 申込み 締切6月24日 です。詳しくはこちらを御覧ください。また、HPポスターも御覧ください。「本年度は「神経回路網の動的組織化」と題して、海外から一線の研究者を3名お招きしました。海馬の場所ニューロンの発見で有名なO'Keefe先生は主としてシステムの側から、Friedrich先生は3分野にわたる多彩なアプローチの最新の成果を通じて、Chklovskii先生は綿密な理論的考察とモデル化の観点から、この問題に迫るご講演をして下さいます。皆様、ふるってご参加ください。」

2012年5月25日、最先端研究基盤事業WISHが日経新聞に掲載されました。
詳しくはこちらを御覧ください。

2012年4月、22期の委員長以下が以下のように決まりました。
委員長: 西田眞也(NTT)、副委員長: 積山薫(熊本大学)、幹事: 坂上雅道(玉川大学)、幹事: 友永雅己(霊長研)。第22期委員長挨拶

2012年5月27日(日)、 心の先端研究と心理学専門教育分科会 が開催されます。 詳しくはこちら をご覧ください。

2012年3月26日(月)-29日(木)、東京、玉川大学、 「玉川大学グローバルCOEプログラム バーナード・バレイン教授特別集中講義」が開催されます。 詳しくはこちら をご覧ください。

2012年3月24日(土)-25日(日)、京都大学 霊長類研究所、 「第7回犬山比較社会認知シンポジウム」が開催されます。 詳しくはこちら をご覧ください。

平田聡特定准教授(京都大学霊長類研究所)が、日本学術振興会賞を受賞しました。

狩野文浩(京都大学霊長類研究所)が日本学術振興会第2回育志賞(平成23年度)を受賞しました。

3月17日(土)、東京竹橋「学術総合センター」、北大GCOE「心の社会性」・日本学術会議「実験社会科学分科会」・科学研究費特定領域「実験社会科学」共催、シンポジウム「心はなぜ、どのように社会的か?―フロンティアとアジェンダ」が開催されます。 詳しくはこちら をご覧ください。

2012年3月2日(金)-4日(日)、京都大学 こころの未来研究センター(稲盛財団記念館)、「こころの科学集中レクチャー:こころの謎〜文化、社会、感情、脳の密接な関係」が開催されます。
詳しくはこちら をご覧ください。

2012年1月16日(月)-18日(水)、脳と心のメカニズム第12回冬のワークショップ「脳内シミュレーション, Simulation in the brain」が開催されます。
ポスター発表申し込み締切12月19日(月)、参加宿泊申し込み締切12月26日(月)、 参加費 学生:無料、一般:2000円となっております。
詳しくはこちら、または http://brainmind.umin.jp/wt12.html をご覧ください。

1、日本学術会議の春の総会(第162回総会)の予定が決まりました。平成24年4月9日(月)
から11日(水)です。分野別委員会を同時に開催します。ご予定ください。
2、幹事会(会長・副会長・部会長等)の年間開催日程が決まり間ました。 いつも13:30からです。この日程に合わせて、各種の委員会の開催が想定されます。 すでに決まっていることとして、奇数月に第1部の拡大幹事会が開催されます。 つまり、心理学・教育学の委員長ないし副委員長は、奇数月のこの日に 日本学術会議に「出勤」しています。会議立案の参考にしてください。

2011年12月7日、新学術領域研究「質感脳情報学」公開シンポジウム
「質感理解へと向かう5つの挑戦」が行われます。詳細はこちらを御覧ください。

2012年8月30-9月6日、ミラーニューロン発見20周年記念シンポ"MIRROR NEURONS: NEW FRONTIERS 20 YEARS AFTER THEIR DISCOVERY" が行われます.詳細はこちらを御覧ください。

文部科学省科研費新学術領域研究「伝達創成機構」公募研究を募集します。
研究概要はこちらを、応募要領はこちらを御覧ください。

文部科学省科研費新学術領域研究「予測と意思決定」公募研究を募集します。
研究概要はこちらを、応募要領はこちらを御覧ください。

2011年10月15日、京都、国際高等研究所、研究プロジェクト「心の起源」第2回研究会が開催されます。 詳しくはこちらを御覧ください。

2011年9月17日、東京、日本大学、シンポジウム「心の先端研究の現在と未来」(日本心理学会第75回大会) のポスターを追加しました。ダウンロードはこちらからです。

2011年9月8日-11日、東京、慶應義塾大学 三田キャンパスAnimal2011(日本動物心理学会, 日本動物行動学会, 応用動物行動学会, 日本家畜管理学会 合同大会 )が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2011年9月12日-14日、東京、慶應義塾大学 三田キャンパス北館ホール、慶應義塾大学
グローバルCOEプログラム 「論理と感性の先端的教育研究拠点」国際シンポジウム が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2012年3月13日-16日、京都、 第9回言語の進化国際学会
(The 9th International Conference on the Evolution of Language)が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2011年10月6日-7日、岡崎、自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター、
平成23年度生理研研究会 社会神経科学研究会「今、社会神経科学研究に求められていること」が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2011年9月17日、東京、日本大学、日本心理学会第75回大会において、
シンポジウム「心の先端研究の現在と未来」が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2011年7月16日、京都、吉田泉殿、自然学セミナー第12回
「人間とは何か:学問の愉しみ」 が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

2011年7月30日 、熊本、熊本大学文学部 1階A3講義室 、日本学術会議・心の先端研究と心理学専門教育分科会主催公開シンポジウム「心の先端研究への扉」、HPはこちら、ポスターはこちらを御覧ください。なお、本シンポジウムの様子は、Ustreamを利用してリアルタイムで映像配信いたします。 URL http://www.ustream.tv/channel/ku-kokorounit-door

2011年5月29日、京都、法然院・夜の森の教室、松沢哲郎
「想像するちから:チンパンジーが教えてくれた人間の心」 が開催されます。
詳細はこちらを御覧ください。

2011年6月8日、京都、京都大学 稲盛財団記念館 、 第15回 国際意識科学会(ASSC15)
サテライトシンポジウム「メタ認知と意識:動物からヒトへ」が開催されます。詳細はこちらを御覧ください。

「メンバー」のページを更新しました。

2011年4月7日、 京都大学 心の先端研究ユニットのメンバーを中心として編集・執筆した
『心理学概論』(ナカニシヤ出版) を本日付で刊行しました。詳細はこちらを御覧ください。

2011年4月6日 、日本学術会議震災対策本部より、東日本大震災に対する緊急提言が発せられました。詳細はこちらを御覧ください。

WISH事業(心の先端研究のための連携拠点(WISH) 構築)の継続が決定しました。

2011年6月23日-25日 、東京、玉川大学 脳科学研究所 、「玉川大学 脳科学トレーニングコース2011− 心をくすぐる技の共演−」が開催されます、詳細はこちらを、またイベントHPはこちらを御覧ください。

【訂正】HPに掲載されていた本分科会への連絡先が間違っていましたので、訂正しました。(誤: hp<at> kokoro-japan.org → 正:hq<at>kokoro-japan.org)

関連URLに「京都大学心の先端研究ユニット」を追加しました。

2011年2月 1日 、読売新聞・東京テクノフォーラム21、「WISH:心の科学が進化する」が配信されました。 http://www.techno-forum21.jp/science/sc-index.html
2011年1月1日、読売新聞、 「KOKORO 世界の希望に」のフォロウアップの記事です。

2011年2月19日 、京都、京都大学稲盛財団記念館 (川端近衛東南角) 、京都大学・心の先端研究ユニット設置記念シンポジウム、ポスターはこちらを御覧ください。
2011年2月19日 、京都、京都大学稲盛財団記念館 (川端近衛東南角) 、日本学術会議・心の先端研究と心理学専門教育分科会主催公開シンポジウム「心の先端研究への期待」、HPはこちら、ポスターはこちらを御覧ください。なお、本シンポジウムの様子は、UStreamを利用してリアルタイムで映像配信いたします。
URL http://www.ustream.tv/channel/wish-symposium-2011
2011年6月9日-12日、京都、京都大学 百周年時計台記念館、第15回国際意識科学会 (Association for the Scientific Study of Consciousness, ASSC15)、 締切が延長されました(締切:2011年2月14日)。また、新たにサテライトミーティング "Metacognition and Consciousness" が加わりました。 新しい詳細新しいポスターも御覧ください。
2011年2月6日、千葉、千葉大学 人文社会科学研究科棟2階 マルチメディア会議室、千葉大学COEスタートアッププログラム・ワークショップ、「多感覚認知における適応」、詳しくはこちらを御覧ください。
2011年6月9日-12日、京都、京都大学 百周年時計台記念館、第15回国際意識科学会(Association for the Scientific Study of Consciousness, ASSC15)、詳細を追加しました。また、口頭発表、ポスター発表の受付を行っています (締め切りは2011年2月1日)。
WISH事業に資料 (日本学術会議の大型研究へのアンケートに対する回答)を追加しました。
2011年1月16日、 京都、 京都大学吉田泉殿、 自然学セミナー第10 回「人間とは何か:ブータンを旅する」、 詳細はこちら
2011年1月29日-30日、京都、京都大学百周年時計台記念館、京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」、国際ワーク ショップInternational Workshop for Young Researchers "Knowing self, knowing others"、ポスター発表を募集しています。詳細はこちら
"Members only"のページを追加しました。
2011年1月9日、 京都、 京都大学時計台記念館 2階国際交流ホール 、 京都大学グローバルCOE「心が活きる教育のための国際的拠点」、 第4回京大−慶大GCOE合同シンポジウム「トランスナショナルな心・人・社会」、 ポスター発表を募集しています(拠点内公募)。詳細はこちら

メイリングアドレスを更新しました。
WISH事業に資料 (日本の展望-心理学-)を追加しました。
WISH事業に資料を追加しました。
2011年1月21日-23日、仙台、東北大学、「脳科学国際シンポジウム」
2010年8月30日、三浦佳世編、「現代の認知心理学1 知覚と感性」、北大路書房
2011年2月19日-20日、京都、京都大学吉田泉殿、心の先端研究拠点と心理学専門教育分科会
2010年11月6日、京都、京都大学 吉田泉殿、自然学セミナー第 9回 「ブータンで考える」 詳細はこちらまで。
新学術領域研究「質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究」  (略称:質感脳情報学、代表:小松英彦生理研教授)がはじまりました。研究員の募集も行っています。詳しくは こちらまで。
2010年10月20日 WISH事業項目を追加しました。
2010年10月23日-24日、品川(開催日ごとに場所が違います)、心の先端研究拠点と心理学専門教育分科会
2010年10月22日-23日、岡崎、自然科学研究機構、生理研研究会2010 認知神経科学の先端「身体性の脳内メカニズム」
狩野文浩(京都大学霊長類研究所)、第26回日本動物心理学会大会発表奨励賞優秀奨励賞、「ヒトとチンパンジーにおける比較アイ・トラッキング研究」(友永雅己との共同発表)、2010年8月29日、東京、帝京大学
柴崎全弘(京都大学霊長類研究所)・川合伸幸(名古屋大学大学院情報科学研究科)、2010年 北米心理学会 The Frank A. Beach Comparative Psychology Award、Shibasaki, M., & Kawai, N. (2009). Rapid detection of snakes by Japanese monkeys (Macaca fuscata): An evolutionarily predisposed visual sysytem. Journal of Comparative Psychology 123(2), 131-135.
2010年9月4日、東京、京都大学 品川オフィス、日本学術会議分科会「心の先端研究」会合
2011年6月9日-12日、京都、京都大学 百周年時計台記念館、The 15th annual meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness
2010年7月31日、東京、国立情報学研究所、日本動物心理学会・千葉大学「人間理解のための認知適応科学の創成」プロジェクト共催ワークショップ 「認知の適応とは何か?」
2010年7月11日、京都、京都大学 吉田泉殿、自然学セミナー第 8回 「意識を考える」
京都大学大学院 人間・環境学研究科 認知科学分野 准教授(常勤)の公募
2010年6月17日、松沢哲郎 編、「人間とは何かーチンパンジー研究から見えてきたこと」、岩波書店
2010年8月27-29日、東京、帝京大学八王子キャンパス、日本動物心理学会第70回大会
2010年9月20-22日、大阪、大阪大学豊中キャンパス、日本心理学会第74回大会

川合伸幸(名古屋大学大学院情報科学研究科)、第6回(平成21年度)日本学術振興会賞、「認知と学習の起源に関する比較認知心理学的研究」
川合伸幸(名古屋大学大学院情報科学研究科)、第6回(平成21年度)日本学士院学術奨励賞、「認知と学習の起源に関する比較認知心理学的研究」

2010年9月30日-10月3日、神奈川、箱根プリンスホテル、AVSP 2010 (The 9th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing 第9回国際視聴覚音声処理会議)
2009年12月7日、 心に関するグローバルCOEネットワーク、行政刷新会議によるグローバルCOEプログラムの評価に対する声明
2009年9月20日、京都大学霊長類研究所 編著、「新しい霊長類学:人を深く知るための100問100答」、講談社ブルーバックス(新書)
2010年9月12-18日、京都、京都大学、国際霊長類学会第23回大会
分科会委員長に松沢哲郎、副委員長に吉川左紀子、幹事に積山薫・西田眞也が決定しました。